エアコン取り外し工事

エアコンのガス回収を確実に行いますので、施工後のエアコンの効きめの低下を防ぎ、環境への配慮も万全です。
1年間工事保証いたします。安心して工事をお任せいただけます。
エアコン工事は全国どこにでも伺います。
index_16

エアコン取り外し工事の基本内容

取り外し位置の確認

1. 取り外し位置の確認

作業員がお客様のご自宅に到着したら、初めに工事を行う環境の確認を行います。実際にエアコンの設置状況を確認し、万一追加工事が必要な場合は、お客様に追加工事の内容とご料金について説明致します。
内容と金額にご承諾いただいた後、壁や床が汚れないように養生をしてから工事を始めます。
ポンプダウンの実施

2. ポンプダウンの実施

作業員がお客様のご自宅に到着したら、初めに工事を行う環境の確認を行います。実際にエアコンの設置状況を確認し、万一追加工事が必要な場合は、お客様に追加工事の内容とご料金について説明致します。
内容と金額にご承諾いただいた後、壁や床が汚れないように養生をしてから工事を始めます。
室外機の配管類を取り外し

3. 室外機の配管類を取り外し

作業員がお客様のご自宅に到着したら、初めに工事を行う環境の確認を行います。実際にエアコンの設置状況を確認し、万一追加工事が必要な場合は、お客様に追加工事の内容とご料金について説明致します。
内容と金額にご承諾いただいた後、壁や床が汚れないように養生をしてから工事を始めます。
室内機の配管類を取り外し

4. 室内機の配管類を取り外し

作業員がお客様のご自宅に到着したら、初めに工事を行う環境の確認を行います。実際にエアコンの設置状況を確認し、万一追加工事が必要な場合は、お客様に追加工事の内容とご料金について説明致します。
内容と金額にご承諾いただいた後、壁や床が汚れないように養生をしてから工事を始めます。
室内機を取り外す

5. 室内機を取り外す

作業員がお客様のご自宅に到着したら、初めに工事を行う環境の確認を行います。実際にエアコンの設置状況を確認し、万一追加工事が必要な場合は、お客様に追加工事の内容とご料金について説明致します。
内容と金額にご承諾いただいた後、壁や床が汚れないように養生をしてから工事を始めます。
index_16

index_16


配管穴埋め作業について

取り外し工事後、エアコンが取り付けてあった壁には穴が生じます。
この穴を埋めないと雨風や害虫が壁の中に入り込んでしまい、建物の劣化に繋がります。
配管類が通してあった壁の穴は、穴埋め用のキャップを使用して塞ぎます。
キャップは、ホームセンターなどでも購入が可能です。ただしエアコンによって配管の太さが異なるため、穴の直径を事前に確認しておくことをおすすめ致します。エアコンキャップがない場合は、パテと呼ばれる粘土性の樹脂で穴の表面を埋めます。 当社では、取り外し工事をお申込みいただいたお客様に無料でパテによる穴埋めを行っております。
基本的にキャップとパテによる効果の違いはほとんどありません。
部屋の見た目を気にされる場合は、キャップによる施工をおすすめ致します。不動産会社や管理会社によっては、穴埋めに使用するパテの種類が決められている場合があります。当社は耐熱性などの特殊なパテのご用意も別途オプション料金にてご案内が可能です。お気軽にご相談ください。

エアコンの引き取り処分について

不要になったエアコンの処分方法は、家電リサイクル法により定められています。
エアコンサービスステーションでは引き取り処分までをお受けしておりますので、まずはご相談ください。