アースアンカー工法

   

「アースアンカー工法」とは、グラウンドアンカー工法とも呼ばれており、土木関連の建築用語の一つです。
これは山留め工法の一種であり、テンドンと呼ばれるPC鋼材(PCと呼ばれるプレストコンクリートに緊張を与えるための緊張材)を岩盤に固定して、その緊張力で山留め壁などを安定させるシステムです。

アースアンカー工法は、斜面安定のため、建造物転倒や浮き上がり防止、仮設山留めや土留めなどの際に活躍しています。斜面では、切土のり面に働く土壌の滑る力を上手く利用して、のり枠とアンカーの緊張力で抑止させます。滑りの規模が大きく擁壁などでは対応できないような場合でも、この方法を用いれば対応が可能です。

軟弱地盤では、グラウンドアンカーによって安定地盤と建造物を連結させるので、転倒や浮き上がりを防ぐことができ、更に経済的かつ合理的な工法でもあります。
この方法で山留めなどを行えば、広い作業スペースが確保されるため効率が向上します。

お役立ち情報

アースアンカー工法と住宅施工
「アースアンカー工法」とは、グラウンドアンカー工法とも呼ばれており、土木関連の建築用語の一つです。
これは山留め工法の一種であり、テンドンと呼ばれるPC鋼材(PCと呼ばれるプレストコンクリートに緊張を与えるための緊張材)を岩盤に固定して、その緊張力で山留め壁などを安定させるシステムです。
永久アンカー工法とは
アースアンカー工法は、斜面安定のため、建造物転倒や浮き上がり防止、仮設山留めや土留めなどの際に活躍しています。斜面では、切土のり面に働く土壌の滑る力を上手く利用して、のり枠とアンカーの緊張力で抑止させます。滑りの規模が大きく擁壁などでは対応できないような場合でも、この方法を用いれば対応が可能です。
コンクリートの防腐に電気防食工法
軟弱地盤では、グラウンドアンカーによって安定地盤と建造物を連結させるので、転倒や浮き上がりを防ぐことができ、更に経済的かつ合理的な工法でもあります。
この方法で山留めなどを行えば、広い作業スペースが確保されるため効率が向上します。

Sample Content

Sample Content

Sample Content

Sample Content

Sample Content

Sample Content

Sample Content

Sample Content

Sample Content