エアコン工事・お引越し

移設工事は全国対応しております。取り外し先・取り付け先の住所が離れていてもお任せください。 もちろん外し工事と付け工事の期間が空いてしまっても基本工事料金に変更はありません。

引越しに伴いエアコンを移設される方

ご自宅内でエアコンの位置を変更されたい方

ご親戚やご友人にエアコンをお譲りされる方!
お見積り・ご相談は無料で承っております。まずはお気軽にお問合せ下さい。

index_16

工事内容・オプション工事のご案内

工事内容

移設工事は取り外し、取り付け工事の両方が必要となります。
工事は1年間の保証付きのため、ご安心ください。
外しと付け工事の期間が空いても基本工事の料金は上乗せされないため、家のリフォームに伴う工事も多くご注文をいただいております。

買替・取替の場合

エアコンクリーニングは、移設・引越しのタイミングが一番ベストです。
クリーニングを行う際はエアコンを一度取り外し、終わった後に取り付け工事が必要になるためクリーニングのみだけでなく工事の料金もかかります。
移設や引越しのタイミングでまとめて行うことで、お安く済ませることが可能です。

内容は室内機を取り外して2週間ほど工場でお預かりし、内部の隅々までキレイにしてから取り付け工事を行うクリーニングです。どうしても自身では掃除しきれない内部のカビやほこりが、においや電気代を圧迫する原因になるとご存知ですか?

冷暖房能力の向上や節電対策、気になるニオイの除去効果等があり、クリーニングを行うことで長く清潔にご利用いただけます。

index_16

index_16

買替・取替の場合

運搬は業者を使わなくてもご自身でされることも可能です。
ご自身で運搬されるとその分のコストも浮く為、少しでも安く抑えたい方にはおすすめです。

ご自身でされる運搬のポイントについて

1.地面と垂直に
運搬時には室外機を横倒しせず設置してある状態のまま、地面と垂直となるように車などにつまれることをオススメいたします。

2.室内機を毛布で包む

運搬時に室内機を古い毛布やシートでくるむことで、衝撃を緩和できます。

3.水漏れ対策を

室内機・室外機ともに、運搬時に水漏れが生じる可能性があるため、冷房運転をされた後には特に室内機からの排水に、暖房運転をされた後には特に室外機からの排水に注意してください。

※運搬時には、ビニールシートなどで車を保護されることをオススメいたします。

4.配管はやさしくまとめて

故障の原因にもなりますので、配管類は運搬時には潰れないようご注意ください。また、無理に曲げてしまうと配管に亀裂などが入る恐れがございますので、なるべく優しくまとめておくのがベストです。

より詳しい方法は運搬・保管方法にてご紹介しております。

配管交換について

追加工事になりやすい配管交換についてご紹介いたします。

配管はエアコンの要となるガスの通り道であるため非常に大切な部品となります。銅で出来ているため数年経つと劣化や硬化し、曲げることが難しくなります。 エアコン工事の際は、この銅管を再度折り曲げたり加工する必要があるため劣化の状況によっては配管交換が必要となります。
その他引越しや移設をする際、設置状況が変わることにより、配管の長さが不足する場合に必要となります。

取り外し工事の際は、配管の両端を数十センチ切るため現在より配管は短くなります。

より詳しい説明は配管交換についてにてご紹介しております。